誕生日プレゼント|サプライズで人を驚かせるのが楽しい

私はサプライズが好きな人間です。突然誕生日などのプレゼントをしたり、良い意味で人を驚かせるのが楽しくてたまりません。

そのサプライズ対象となるのが、ほとんど私の母。母は基本のんびりとした性格であまり勘が鋭くないため、サプライズの準備を感づかれることがないのです。

この間も母に、サプライズで誕生日プレゼントを渡すことに成功しました。まず事前にさりげなさを装って、今母が欲しい物をリサーチ。

それは、通販でしか手に入らない湯呑みでした。料金の支払い方法に代引きを選ぶと気づかれてしまうため、母が家にいない時を狙って隣町まで支払いをしに行きました。

あとは、届くのを待つだけ。ただしその品物を受け取るのが母本人であった場合、確実に何を注文したのか聞かれてしまいます。そうなったら台無しです。

平日で母が仕事、かつ私が休みの日に届くのが理想だったのですが、残念ながら届くのは2人とも仕事が休みである土曜日とのこと。

もし届いた荷物が母の目にとまってしまったらどうやってごまかそうか、土曜日当日、私は母と2人で買い物をしながら悶々と悩んでいました。

そうして買い物を終えて家に帰ってきた私達は、車から荷物を下ろします。当時、季節は冬。夕方の家の廊下は薄暗く、階段や壁がおぼろげに見える程度です。その階段の一際暗い隅に、私はひとつの箱を見つけました。

それが届いた荷物だと気づいた私は、猛ダッシュ。母が車を車庫に入れている間に、とんでもない速さで荷物を自分の部屋に隠しに行きました。

約20秒で隠し終えた私は、何食わぬ顔をして再び廊下へ。もちろん、母は少し前に荷物が届いていたことなど知りません。

こうして、私は当日まで誕生日プレゼントを隠し通すことに成功。誕生日の朝に、包装紙にくるまれた湯呑みの箱を見つけた母は、嬉しさのあまり涙目になっていました。

毎回毎回、

初めてプレゼントをもらったかのように喜んでくれるのが母の良いところです。これからもサプライズのプレゼントは続けていこうと思います。

Pocket