誕生日プレゼント|意地の悪いサプライズ

誕生日にサプライズを起こすことが好きです。友達で、とても誕生日というイベントを重要視している子がいるのですが、その子を驚かせようとして、去年ちょっとしたサプライズを仕掛けてみました。その子は上記にもあるように本当に誕生日を重要視する子なので、お誕生日おめでとう!メールを送らなかった日には烈火のごとく怒り狂います。なんといっても、わたし、その子、もう一人の三人のグループでいた高校生時代、わたしがもう一人の子に、おめでとうメールを送ることをすっかり忘れていたら、次の日は不機嫌レベルがマックスだったくらいですからね。さて、そこで去年です。誕生日プレゼントも大分前に用意をし、手紙も添えて、あとはもう渡すだけ、という準備が、前日には完了していました。しかしわたしは、日付が変わってもおめでとうメールを送りませんでした。学校も休みでしたが、家から出ようとしませんでした。そして、その子の誕生日の夜遅く、10時ごろに、突然彼女の家に訪れて、誕生日おめでとう!!とプレゼントを渡しました。あえてメールを送らなかったことですっかりすねていた彼女でしたが、わたしの顔とプレゼントを見るや否や、あっという間に顔がほころび、ありがとう!!と笑顔で返してくれました。ちょっと意地の悪いサプライズでしたが、ある意味では嬉しかったと好評でした。今年も何かサプライズをしようかなと、今から考えていますが、普通に渡すべきですかね…。

Pocket