誕生日プレゼント|友達からのサプライズな花束

私が通っていた大学には、本当に沢山の留学生がいました。今でもそうですが、私は外国にとっても関心があり、英語も大好き。同級生と一緒によく外国人の留学生グループと観光名所巡りをしたり、パーティをしたりとドメスティックに異国の文化を楽しんでました。

夏。私の誕生日月がやってきました。

パーティー好きな私の日本人、外国人の知り合いや友達は、私の誕生日にかこつけてパーティーを開くことにしました。

外国人も交えてのパーティーとなるとホームパーティが定番。みんなで何か一品を持ちよって留学生会館のホールを借りてパーティーをしようという話になりました。

パーティー当日は、本当にハプニングだらけの楽しいものに。

日本語を読めなかったロシア人が、ドッグフードの缶詰を人間用と間違えて料理を作って持って来たり。ハンガリー人の友達が、サラダ油と食器用洗剤を間違えて料理を作ったり。サラダにサラダ油をかけて食べる習慣のあるウクライナ人が、盛りつけたサラダにサラダ油をどぼどぼかけてみたり。

あちらでは、あたりまえのことだそうです。驚いたり、笑ったりの楽しいパーティーでした。でも、私が一番サプライズしたのは、外国人グループが私の為に用意してくれた特別なブーケでした。

さすが、西洋人です。誕生日には、おしゃれに花束を準備してくれました。

お誕生日のステージに上がった私にブラジル人の留学生が渡してくれた花束は、なんとこの時期ならではのお盆用の”お供え花束”だったのです。

私は、一瞬目を見張りましたが、罪のない外国人グループの笑顔と拍手に、素敵なスマイルで花束を受け取っちゃいました。

本当に、生涯忘れることのできない誕生日プレゼントの思い出です。

Pocket