誕生日プレゼント|おたんじょうびおめでとう

今から数年前まだ子供も幼くて、毎日が子育てで大変だった頃の事です。結婚するまで、私は子供が好きでした。しかし、実際に子供を産んで育てていくのと、遊んでいる子供を見るだけではまったく違いました。主人もちょうど転勤をしたばかりで、新しい職場に慣れるのに大変な時期でした。心配をかけたくないので、主人の前では普段の私を隠していました。頼る人もまわりにいなくて、毎日がストレスでした。今から思うと、良い母親になろうと本当に頑張りすぎていました。そんな現実が私を毎日イライラさせ、子供にもきつく当たっていることが多くありました。子供はわがままばかりで、言う事を聞かない子供に怒ってばかりいました。そんな私の誕生日、私自身もすっかり忘れていました。出かけて来ると言って、主人と子供たちが出かけて行きました。つかの間の一人の時間を過ごしていました。ただいま、と言って帰って来たみんなを見ると、子供たちが誕生日プレゼントの花束を持って立っていました。「おかあさん、おたんじょうびおめでとう、だいすき」と子供たちが一生懸命に言ってくれました。主人はテレながら、「おめでとう。毎日ありがとうな」と言ってくれたのです。主人が買って、子供に渡しただけのプレゼントなのですが、思いもかけないプレゼントに私は泣いてしまいました。その日から、毎日が少しづつ変わったような気がします。心が楽になれたのでしょうか。今ではすっかり生意気な子供達ですが、可愛かったあの頃を思い出すと、やさしい気持ちになれます。

Pocket